平成30年度 「産業社会と人間」講演会(31.1.17)

 一年次生「産業社会と人間」において、長年にわたり本校に勤務され、昨年度末で退職となった江後一男先生から講演をいただきました。「ボーっと生きていって何が悪い?」と題した約2時間のお話しの中で、目指す人生やなりたい人間像、人生設計を考えることの目的や意義を、自分の人生経験を含めながら話してくださいました。

 一年次生はこれから各自のライフプランの作成に取り組み、発表することにしています。