山口県指定無形文化財「赤間硯」保持者による文化財出前講座

7月30日(木)1,2限の書道Ⅰ(1年次27名)において、山口県指定無形文化財「赤間硯」保持者 日枝敏夫(玉峯)先生を講師にお招きして、文化財出前講座を開催しました。日枝先生は、赤間硯の制作に必要な作業の全てをお一人で行っておられ、その作業内容や苦労話など、DVDや実際使用する工具等を用いて分かりやすく教えてくださいました。最後に、作品の見学を、先生の丁寧な解説つきで行っていただきました。生徒にとっては、仕事の大切さや自らの生き方を探求する良い機会になったのではないかと思います。