国委託事業「ものづくりマイスター」によるピンワーク実習を開催しました!

2年生の「ファッション造形基礎」選択者が、「ものづくりマイスター」制度を活用し、下関文化産業専門学校 関谷公子先生よりピンワークを教わりました。1枚の平面なサテン布を切ることなく、立体的に手作りのミニボディへピンで留めていきます。教えてもらった、アン・ビエ、ドゥブル・ビエ、タッキング、ギャザリングなどの技法を使い、布の流れ方や寄せ方でオリジナルの立体構成をしていきました。あらかじめデザイン画を描いていたものの、なかなか思い通りにいきません。一方で、偶然に、納得のいく素敵な布の流れができたりもしました。がんばって作り上げた作品は、総合祭で展示します。来年度、選択することになるであろう「ファッション造形」のよい事前学習となりました。