初任者研究授業(R3.6.23)

初任者研究授業を「国語総合」「絵画a」で行いました。
「国語総合」では「漁夫の利」という言葉の由来を当時の中国の状況と照らし合わせて読んでいきました。1年生がなれない漢文に一所懸命向き合っていました。
「絵画a」では水彩画の講評会を行いました。自分の作品のお気に入りポイントや描画にあたり難しかったことなどを発表し、お互いの作品を鑑賞する中で感想を伝え合うなどして、次回の制作へのモチベーションを高めました。