「子どもの発達と保育」第2回 高大連携授業

岩国短期大学の山縣明人教授による、今年度2回目の高大連携授業が実施されました。「保育者は魔術師」という内容でした。保育者は、幼児の生きる力と人や物のいのちとつなぐ役割をします。その原理について、おもしろ楽しく、愉快にお話ししていただきました。受講生の目が、魔法にかかった子どものようにキラキラと輝いているのがとても印象的でした。