校長あいさつ

山口県立岩国総合高等学校は、予測が難しいこれからの社会をたくましく生き抜き、自立した人間として社会や地域に貢献できる人材を育成しています。本校は「見つけよう夢 見つめよう未来」のスローガンのもと、一人ひとりが自分の進路(大学への進学や企業への就職など)に対応した学習ができる総合学科です。本校は、生徒の夢を叶えるために次の3つのことに力を入れています。

1つ目は、生徒一人ひとりの「個性」や「希望」を踏まえ、「主体的に学ぶ力」の育成に努めています。そのため、将来の進路に応じた多様な学習ができるよう、約70科目の選択科目を用意して少人数授業などにより、手厚い指導を行っています。また、自分の生き方や在り方を考えるため、大学などから講師を招いた専門的な授業、職業に関する講演、インターンシップなど、体験を重視した学習も幅広く行っています。

2つ目は、基礎・基本の充実・徹底を図り、「考える力」や「生涯学び続ける力」の育成に努めています。そのため、ネット配信を活用した学習や習熟度別の授業などを行っています。また、「総合的な学習の時間」や「課題研究」などにおいて、自分で研究テーマを設定したり、議論を重ねて研究を進めたり、研究成果を発表したりする、対話をしながら深く考える学習も行っています。

3つ目は、積極的なコミュニケーションや活動を行う機会を多く設け、他人を思いやる豊かな心や健やかな体の育成に努めています。そのため、生徒会活動、学校行事、部活動、ボランティア活動など、生徒が主体的に取り組む特別活動の充実を図っています。

さらに、資格取得や国際交流等にも力を注ぎ、地域とのつながりをより強化して時代の変化や社会の進展に対応した文武両道の学びを推進し、保護者・地域・関係者の皆様と一緒に力を合わせて、社会や地域に貢献できる人材の育成に積極的に取り組んでいます。高い志を掲げ、自分の夢や目標の実現をめざして果敢に挑戦する中学生の皆さんの志願を、心よりお待ちしています。

平成30年4月2日

山口県立岩国総合高等学校

校長 村 田 修 一